玉依(たまより)

ミディアムヒーラー。幼少の頃から霊感があり、父方に霊能者がいる。
臨死体験後、霊界と通じる経験をする。
人に触れることで、相手の悩みや痛みを察知する能力により
その力をリフレクソロジーで活用。
奇跡のカリスマリフレクソロジストとしても人気を集めていた。
その後、マレーシアの霊媒師と出会い、雷に打たれたような経験後、開眼。
霊界通信で相談者の過去世、未来世を読みとれるようになり、
自らがフィルターの役目をして相談者の身体や魂の浄化を行う使命を授かる。
人気を博している霊界通信しながら対面で行う身体ケアは、

記事一覧(42)

神様から祝福を授かる88の参拝方法その54(大祓)

愛しいみなさまごきげんよう。玉依でございます。大祓は、伊奘諾尊の禊祓を起源とする古くから行われている修祓で一年を2期に分けて6月と12月、半年の間に知らずに犯した罪、心身の汚れを祓い、清浄な心身に戻すための神事です。夏の大祓は、茅の輪くゞりで有名です。茅の輪は、蘇民将来の故事によるもので素戔嗚尊が旅に出て蘇民将来の兄弟に一夜の宿を請いました。兄は、裕福だったにも関わらず宿を貸すのを断り、弟は、貧しくとも宿を貸して歓待します。素戔嗚尊は、そのお礼に「茅の輪を腰につけなさい。そうすると病にはならない」と伝えます。その後、疫病が流行っても茅の輪をつけている蘇民弟一族は、助かります。それから茅の輪くゞりを行うと厄除け、病除けとなり、1月に神宮詣でに参りますと伊勢の町並み、多くの家の玄関に「蘇民将来子孫家門」の注連縄を見かけます。茅の輪くゞりは、少しお作法がございます。輪の前で一礼してくゞりましたら、左回りに輪の前に戻ります。再び一礼してくゞり、右回りで輪の前に戻り、また、礼をしてくゞり、左へ回って戻り、最後に礼をしてくゞり、正面へ進みます。面倒に感じても八の字を描くイメージなので簡単です。忙しい日々を過ごしていても一年に2回だけでも心身の穢れを祓うことを意識してはいかがでしょうか。

神様から祝福を授かる88の参拝方法その53(直会)

愛しいみなさまごきげんよう。玉依でございます。今日は、神社参拝の後で行う「直会する」についてお話します。私は、祈願を伴う神社参拝の後は、直会(なおらい)と称してその場所の近くや訪れた地で地元のものを頂くように心がけます。本来は、神様のご神前に備えたもの、お祈りが入ったものを神職と共に戴くことのようでご祈祷を受けた後に御神酒を賜りますでしょう?それは、直会なのですよ。御神酒は、御神饌の米から作られ、その場で戴くことが出来ます。だから、それで十分としても良いですし、訪れる土地に敬意を示し、地物を頂戴してご縁結びをするということも直会ではと思うならそうなさいましょう。直会の語源は、「もとに戻る=直る」であり、神社祭典の一部であります。「なおりあい」の意味もあり、神社祭祀に奉仕する神職は、心身の清浄に務めるため斎戒をします。「斎戒中は、潔斎し、体を清め、衣服を改め、居室を別にし、飲食を慎み、思念、言語、動作を正しく、穢れ、不浄に触れてはならない」通常の生活とは異なる制約です。そのため、神社祭祀が終わり、斎戒を解くことが必要で、いわゆる「解斎」となります。御神事として一般的な宴と違う意味を持つのが、直会ということを知っておくと訪れた場所で美味しいものを頂戴する時も感慨深いのではないでしょうか。

2019年TOKYO未来世リーディング残席3

愛しいみなさまごきげんよう。玉依でございます。私の日常の世界は、大変狭く、クライアントの方に会う、神社仏閣旅に出る、霊団と話す、そんな日々ですが、このところ、世界が広がりつつあり、初めての方とご縁が繋がりますと「鑑定ってどういうことをするんですか?」「浄霊ってどこまで?」「来年の運気を調べてもらえるの?」などなど多くの質問と何気な会話でそれってご相談では?という状況になります。鑑定でなんでも観れると思っていらっしゃる方が多いのですが、何かを用いて占いをするのではないので漠然としたことには漠然としたことしかお応えできず、、。来年一年、どんな未来ですか?それを知りたい方は、一年に一度の未来世を受けてください。自分に合う神社はどこですか?それを知りたい方は、一年に一度の未来世を受けてください。自分の潜在的な性質はなんですか?運、持っていますか?それを知りたい方は、一年に一度の未来世を受けてください。TOKYO未来世リーディングは、残席3となりました。ほんの少しの「知る勇気」を持ってあなたの未来は、あなたが描いてください。私と霊団は、あなたが背中を押してと望めば、そっと押し、手を引っ張ってと望めば、強く握って望む場所まで連れて行きます。黙って横にいて。そう望むならあなたの隣を離れず、歩きましょう。だけど、その勇気を出すのは、あなた自身です。初めての方には、どのような内容なのかをご説明いたしますのでこちらまでご遠慮なくお尋ねください。

金沢旅は、未知なる自分へと導いてくれる

愛しいみなさまごきげんよう。玉依でございます。毎年1月の未来世の時にみなさまには、その年一年の未来とその年にあなたに合う場所をお伝えしておりますが、さてっ、私自身はどうなのかと申しますとじつに、3年先までどの時期にどの場所へと観ております。ただ、予定をぴったりに入れると不自由ですし、訪れることによって未来は変わるのでその流れを受け取れるように描いておりますが、「この時にこの場所へ行こう」と動けるのは、なんとも有り難いことだとしみじみと幸せを感じます。先日の金沢旅もちょうど良いタイミングで向かうことが出来ました。金沢といえば、2015年に北陸新幹線が開通したことで東京からぐっと近くなりましたね。そんな便利をさておいて、今回、私は、飛行機で小松空港へ。小松空港からは、レンタカーを借りて白山〜のと里山まで移動しました。澄み切った秋空に日本海を眺めながら のと里山街道を走っておりましたら来年は、金沢旅にみなさまをお連れしたい、、そんな気持ちになりました。みなさまとの会話の中で私が、車を借りて巡るんですよ。と申しますと「えぇ”〜〜車を運転するイメージありません〜〜」と驚かれることもしばしば。都内では、運転することは決してございませんが、京都、奈良、長野など私が、行こうとする場所は、比較的、、いえ、おおよそ、、交通の便がとても悪いので車で移動するのが、自由なのであ〜る。です。時には、貸切タクシーで移動することもありますけど、自由気ままな移動がいちばん。菊理姫神の白山比咩神社、金運のご利益で有名すぎる金劔宮、そして、金沢神社を詣でて参りました。

そうだ東御苑、行こう。

愛しいみなさまごきげんよう。玉依でございます。東京の最強パワースポットといえば、「皇居」そうおっしゃる方は多いです。皇居といえば、天皇陛下のお住まいのある場所ですからエネルギーがあるのは間違いないことでございまして、それを最強パワースポットと安易に言ってもよろしいのかしら、、。そんな一抹に思う気持ちを残しつつ、隣接している東御苑の素晴らしさを伝えるガイドもしております。私が、東御苑をみなさまにご案内するようになり、衝撃をうけたのが、東京にお住まいの方が、いかに東御苑に行ったことがない。ということ。灯台下暗し、、足元見ずして、、言葉で表現するとよもすれば、「ばっかじゃないの〜。こんな近くに良い場所あるのに東御苑に行かないで遠くばかり求めて〜。自分の住んでいる足元みなくちゃだめよ〜」と言ってしまう私って、、、。それほど情熱を注ぐ東御苑のガイドではございますが、こちらの魅力は、一度さらっと歩いただけでは分かりません。どこの場所がエネルギーが高いとかそういう問題ではないですよ。最近では、東御苑の某場所を「中でもパワーが強いのは、、」なんて紹介していることもございますが、それこそ、「ばっかじゃないの〜」です。余計なことせず、感じなさい。って言いたい。

神様から祝福を授かる88の参拝方法その23(神様サイン)

愛しいみなさまごきげんよう。玉依でございます。神様のサインが続いておりますが、今日は、動物のお話です。人里離れた神社へ参拝に向かいますとときに「ケモノ注意」と書いてあるのを見かけます。ケモノ注意と書いてあるほど深い山の時は、安易な準備では向かえませんが、蛇に出会うことは多かったです。印象強いのが、京都の鞍馬寺から貴船神社へ下る最中、真っ白な蛇と出会った時のこと。現れた時は、その日に数々の現象にあった最後でしたのでこれまでの摩訶不思議現象の締めが白蛇様、、、。山下りで疲労困憊でしたが、思わず手を合わせましたもの。神社の境内で鶏をお見かけするのは、みなさまも多うございますね。神宮詣での際には、必ず見かけますが、中でも奈良の石上神宮の早朝にお出迎えしてくれた鶏の歩く様は、人間の行動を見ているような、まさに神の神使でありました。何気に出会うことの全てが、神様サインではないけどあなたが、心に思うことがあり、そのサインを見せて欲しい。と思う時、自分で答えを見つけることが出来るようにヒントをくれたり、諦めないようエールをくれたりします。それが、どんなサインになるかは、あなた次第なの。いつでも 受け取れるあなたでいてください。