神樣から祝福を授かる88の参拝方法その2(身なり)

愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


近頃は、外国の方も神社参拝に多く訪れているのを目にします。

夏には、タンクトップやショートパンツ、

ビーチサンダルを履いている姿もちらほら。

日本の若い人の中にも 思わず 二度見してしまうような服装の方も多いです。

ご祈祷を受けるときは、きちんとした正装をしても

ご祈祷を受けないでお参りするときは、身なりを意識しないようですが、

神社は、聖域なのでご祈祷ではなくとも、ご祈願に訪れるなら

肌の露出は控えましょう。帽子、サングラス、サンダルなどもダメです。


「玉依さんが考える神様って何ですか?」と聞かれたことがございました。


己(おのれ)です。鏡のように自分自身を映してくれる存在です。と答えました。

これは、私が、神さま。と言っているのではなくて

みなさまも同じです。己は、自分のことです。

神様は、鏡。

大切な相手に会いに行くときは、身なりや清潔感に気を使いますでしょう?

同じ事です。

大切なお願いがあるのであれば、身なりもそれなりがよろしい。


身なりといえば、こういうお話もございます。

神宮の外宮の早朝参拝の時に地元の方々が、毎朝走っているその途中で

境内に入り、帽子を脱いで手を合わせる姿を幾度も拝見したことがございます。

その時の服装は、ランニング仕様ですからきちんと感はございません。

外宮の境内でお社がない場所で手を合わせる姿を拝見した時にも

その方角が、内宮であって内宮までは、毎日参拝に行けないけれど

その方角に向かって手を合わせる。

日常の中に根付く信仰というのは、それで良いのだと感じます。

聖なる癒しの叡智は いつもあなたのそばに。