神様から祝福を授かる88の参拝方法その5(鳥居)

愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


鳥居は、聖域に入る入り口、いわば「門」です。

俗世と神域を分けるための結界でありますので

鳥居の数が多くなるほど聖域であるとも捉えます。

鳥居の語源は、天照大神が天岩戸にお隠れになった際に

八百万の神様たちが、あの手この手でお外へお導きしたものですが、

その時に鳥をとまらせて鳴かせました。鳥を木に止めた。鳥居。

微笑ましい由来ですが、定かではありません、、。


このようにいくつもの鳥居が続いている時は、

どのように歩いたら良いか。と迷います。

鳥居をくゞる時は、一礼をしますのでその都度、頭を下げる?!

最初の鳥居で頭を下げたらそのまま、少し下げたまま歩きます。

その都度、ぺこり、ぺこりではなく、やや気持ち下げたまま

拝殿まで歩きます。拝殿の正面に着きましたらまずは、きちんと背を正し、

顔を上げて、手を合わせます。正面に着いても顔を下げたまま、

手を合わせるのでは、一度、顔を正面に向けることが大切です。

聖なる癒しは いつもあなたのそばに。