見える世界だけを信じ者、見えない世界を活用する者

愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


先日、M出版社の社長様と打ち合わせをしておりまして

話が白熱し、開運する人としない人の違いの話になりました。

道が開ける人は、神社参拝に行かなくても開きます。

全く、行かずとも何億円も稼いでいる人もおりますから

神社参拝=開運するではありません。

しかし、神様に手を合わせるというのは、

「今、成り立つのは、自分だけの力ではありません。ありがとうございます。」と

謙虚さを忘れないためでもある。それゆえに

成功している見識ある社長さまは、神社参拝を欠かさないのでしょう。


某占いの先生は、「貧乏人は占いにすがり、成金は占いをバカにし、

大富豪は占いを活用する」とおっしゃいますが、

そうですね。私の霊団は、こういいますもの。

「愚か者は、見える世界のみを信じ、賢い者は、見えない世界を活用する」


「信じる、信じない」だけではなくて

「活用する」か「活用しないか」の違い。

そのことを分かっている人は、パワーのある神社参拝に訪れるとさらに倍増します。

藁にもすがるほど運気が下がっている人は、

自分を知ろうとせずに、目の前のことしか見ないです。

なぜ、自分がこうなっているのかを知らないとずっと藁にすがるだけ。

聖なる癒しの叡智は いつもあなたのそばに。