神様から祝福を授かる88の参拝方法その10(挨拶)

愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


鈴を鳴らして、お賽銭を入れて

さて、いよいよ、気を引き締めて神様とご対面のご挨拶です。

二拝二拍手一拝を行うときに

いつご挨拶をするのか、いつ願いを言うのか迷います。

拝殿の前に立つときにもし、あなたの願いが長くなるようだったり、

特別なことを行いたいのであれば正面ではなく、

端のほうでひっそりと参拝するほうがよろしいです。

意外と自分が手を合わせている時間は、気がつかないので

他にも参拝の方がいると長いなと感じたりします。

どなたもいないときは、ご正面でゆっくりとどうぞ。


二拝二礼一拝の作法の前に深呼吸して、一礼をします。

その時に自分の名前やどこから来たかなどお伝えします。

郵便番号からほうが良いですか?と質問を受けたことがございましたが、

必要ございません。笑ってしまうかもしれませんけど、真剣な方は真剣なのです。

一礼をして、自身の名前をお伝えしてから二拝二礼一拝の作法に入ります。


あっ、分かりにくい表現にしてしまいましたが、

一礼してから鈴、お賽銭、二拝二礼一拝の作法です。

さて、願い事は、二拝二拍手の後です。

二拍手を終えて手を合わせたまま、お伝えします。

実際には、願いをしないでご挨拶だけのほうが良い場所もございますので

すべてこのタイミングではありませんが、願いは、二拍手の後。

寺院での合掌とは、合わせる手の位置(高さ)は違いますので

合わせた両手は下がり過ぎず、胸のあたりが良いです。


二拝二礼一拝を終えてから神前を後にする時に

つい、やってしまいがちになるのが、

回れ右をしてお尻をむけてしまうことです。

くるりと回るのではなく、そのまま後退りなさいますように。


聖なる癒しの叡智は いつもあなたのそばに。