神様から祝福を授かる88の参拝方法その11(柏手)

愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


二礼二拍手一拝が、基本的な参拝作法ですが、

出雲大社や宇佐神宮では、二礼四拍手一拝を作法としております。

「柏手」の数が違うのは、なぜか?


柏手は、「かしわで」と読み、「はくしゅ」のことです。

また、「開手(ひらで)」とも言います。

古来より貴人、天皇が即位される時に家臣たちが、

手を打って拝礼したことに由来し、手を合わせることで

裏表ない真の敬意を、歓喜を示す表現となりました。


二拝二拍手一拝の作法になったのは、実はまだ日が浅くて

明治に入ってから習慣です。

柏手の数が多いのは、古来の伝統的な作法であり、

より畏敬の念を表しているためで

一般の私たちが、真似して行うことはございませんが、

最も丁寧なのは、神宮の(伊勢)八度拝八開手(拍手)。


私たちは、柏手の数に限らずとも気持ちを込めて拍手したいものです。

パァンパァンと高らかに音を響かせるには、

ちょっとしたコツがありまして、力に任せるのではなく、

両手を合わせたら右手を左手より少し下げて、手の平との間に気を

包むようなイメージで叩くと良いです。

そうすると音が響きます。

二拍手の後は、両手を同じく合わせること。

両手は、胸の高さにすることもお忘れなく。

聖なる癒やしの叡智は いつもあなたのそばに。