そうだ東御苑、行こう。

愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


東京の最強パワースポットといえば、「皇居」

そうおっしゃる方は多いです。

皇居といえば、天皇陛下のお住まいのある場所ですから

エネルギーがあるのは間違いないことでございまして、

それを最強パワースポットと安易に言ってもよろしいのかしら、、。

そんな一抹に思う気持ちを残しつつ、

隣接している東御苑の素晴らしさを伝えるガイドもしております。

私が、東御苑をみなさまにご案内するようになり、衝撃をうけたのが、

東京にお住まいの方が、いかに東御苑に行ったことがない。ということ。

灯台下暗し、、足元見ずして、、

言葉で表現するとよもすれば、

「ばっかじゃないの〜。こんな近くに良い場所あるのに東御苑に

行かないで遠くばかり求めて〜。自分の住んでいる足元みなくちゃだめよ〜」

と言ってしまう私って、、、。


それほど情熱を注ぐ東御苑のガイドではございますが、

こちらの魅力は、一度さらっと歩いただけでは分かりません。

どこの場所がエネルギーが高いとかそういう問題ではないですよ。

最近では、東御苑の某場所を「中でもパワーが強いのは、、」なんて

紹介していることもございますが、それこそ、「ばっかじゃないの〜」です。

余計なことせず、感じなさい。って言いたい。


陽気の日は、近隣の丸の内OLさまたちのランチ持参で

佇んでいる姿も拝見します。

東御苑は、公園ではございませんので公園で過ごすように

遊んだり、飲食をしたりするのは、禁止です。

ですが、ベンチで持参のお弁当を召し上がるぶんには、ご注意は受けません。

皇宮警察の方が、見回りをしているので

芝生で家族連れでお子さんとボールなどで遊んでいるとご注意を受けます。

ここ数年は、外国の方が大変多いので芝生でくつろいでいる姿は、

まるでロンドンのグリーンパーク。

桜の季節は、お花見に最適でアルコールの持ち込みがなければ、

芝生でお弁当を食べても良いのでこの上ない心地良さを味わえます。

芝生といえば、驚くほど清浄ですから そっと裸足で歩くのもおすすめ。

そっと大地のエネルギーに触れるのは良くても

間違ってもストレッチをしたり、ヨガをしたりしないでくださいね。


桜の季節はもちろんですが、これからは 紅葉です。

桜の季節同様に紅葉の時期にも「乾通り一般公開」が9日間ほど開催されるので

何万人が乾通りを、、とTVのニュースご覧になった方も多いですよね。

紅葉は、毎年12月初旬に開催されることが多いです。


こちらは、昨年の乾通り解放の頃の東御苑の紅葉写真。


太陽の光が当たる紅葉の裏側が、光が幻想的に注ぎ、

色の濃淡がいくつも感じらる様は、「コウヨウハウラ」といい、

とても美しいです。

私は、広大な東御苑の中でも

二の丸庭園前の雑木林の紅葉を眺めるのが好きです。

新緑の青葉の頃も心身が洗われる気持ちになりますが、

比べることが出来ないほど良い時間です。

ほんの短い距離でもサクサクっと葉を踏みしめる音と

木々の間から降り注ぐ太陽の光は、一瞬で

今の世界からトリップさせる力があり、まるで時間が止まる体験をします。

良い場所を訪れたら「せっかく来たから全部を見て」満足するだけではなく、

その中に「自分に合う場所」を見つけてください。

お気に入りのベンチの場所を見つけたらそこで時間を過ごしてみる。

芝生で仰向けになって空を眺めてみる。

チャージするって何か大きなことをしなくてはならないとか

特別なことと思うことも多いでしょうけど、

日常の些細な中に小さな喜びを感じることが出来るようになること。

それが、無言の力となり、あなたの中に秘めたものを底上げしてくれます。


あなたの未来図を彩り豊かに描いてください。

あなた自身が力強く。


迷うとき

一緒に歩きましょう。

きっと 楽に呼吸 出来るようになります。

聖なる癒しの叡智は いつもあなたのそばに。