盂蘭盆会 天まかせ 仏まかせ

愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


7月にお盆を迎える地域もございますが、多くは、8月盆。

今頃は、ご実家でゆったりとなさっている方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

私は、北海道に来ております。

つい先日まで東京と変わらない暑さの北海道の様子でしたが、

そよ吹く風は、涼しく、やはり、北海道の気候です。

例年、お盆を終えたら夕方には秋風となるので

暑い、暑いと愚痴ってもつかの間の夏でございます。


お盆という言葉は、略称であり、正式には盂蘭盆(うらぼんえ)と言い、

サンスクリット語のウラバンナを漢訳した言葉でございます。


ウラバンナとは、「逆さに吊される苦しみ」という意味で

その謂れを仏説盂蘭盆経では、お釈迦様の弟子の一人である目連尊者の

無くなった供養法会として伝えています。


自分の母親が、亡くなったその後の姿を見たら

地獄の餓鬼道に堕ちて苦しんでいた。

それを救いたいとお釈迦様に言うと安居の最後の日、

7月15日にすべての僧侶に多くの供物を捧げるとその施しで

母親を救うことが出来ると言う。

その通りの功徳により母親は、極楽へいくことが出来た

ということが盂蘭盆の由来であるので盂蘭盆に私達が、功徳をつむことにより

先祖の霊を救うことが出来るという供養行事ということでございます。


お盆帰省と言われるように

多くの方は、日頃、離れている家族や親戚ともお集まりになるでしょう。

互いの健康を気遣い、周囲の人も含めて、

すべてに感謝をする大切な時間です。


今では、見かけることも少ない風習ですが、

13日に迎え火の門火を家の玄関の前に焚きます。

それは、先祖の霊が、道に迷うことなく家に着くための目印にするため。

霊が、道に迷うことはありませんが、

生きている私達は、先祖の霊魂を丁寧に扱うことの大切さを

改めて思うことができるのでしょう。


あづかりものの

この体

生も死も仏に任せて

ひとねむり


忙殺される日々の時間の中で言えないことがあれば、

この時間にゆったりと伝えたい方に言葉を伝えましょう。

天まかせ、仏まかせ。

                         写真提供:写真家 宮澤正明氏


聖なる癒しの叡智は いつもあなたのそばに。


奇跡のMediumhealer  玉依の言霊

ミディアムヒーリング それは、霊界通信による身体の浄化であり、魂の目覚め。 遣わされたものとして 今、あなたに必要な言霊をお伝えします。