長野:戸隠神社 奥宮

愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


小雨が降っておりましたが、傘を差す必要はなく、

緑が一層美しく目に映りました。

奥社の入り口から拝殿までは、約2キロです。

隋神門から杉並木が続きます。

こちらの杉並木を守る会のことも著書「言霊旅の始め方」に書いています。

奥社に近づくと石段になって参ります。

奥社の手前、少し下がった場所に御清めの滝場がございます。

画像が、少し歪んでいます、、。

そういえば、最初に戸隠の奥宮を早朝に訪れた時は、

天狗がお出迎えしてくれたのでした。

そう思い返しながら佇んでおりましたら

黄金色の蝶が、いえっ、蛾が、ひらひらと現れました。

wow,,,.

小さく声がでます。

そっと、写真を撮ってみました。

蝶が現れることは、サインとして多く見かけますが、

今回は、蛾です。

蛾にも意味があるの?と質問が出そうなので

お答えしますと、意味はございます。

蝶もそうですけども「虫の知らせ」という時に用いるように

霊的サインが強いのです。

サナギから進化する蝶や蛾は、

再生であるとか生まれ変わる、そんな意味を持っています。

社務所で著書をお渡ししますとこちらでも

「書いてくださって有難うございます。」とお言葉をかけて頂きました。

御朱印をいただいて、おみくじを引いて、御奉納をお渡し、

その場を離れるまで何度も頭を下げてくださった奥宮の神職さん。


皆神山の麓で出会った神の御使いのおじいさんはじめ、

今回も戸隠では、多くの祝福を頂戴し、幸せです。

さてっ、戸隠を離れる前に「直会」と称して

美味しい戸隠蕎麦を最後にも頂いて帰りましょう。


宿泊したお宿の近くに「葉隠れ」さんという御蕎麦屋さん。

お昼酒で大人な蕎麦をいかがですか?がコンセプト。

お店の女将さんもご主人も大変親切。

ゆっくり、ゆっくりくつろいでください。と

おっしゃるので今回は、バス時間を待つこともあり、

時間はたっぷり。うふふっ、信州ワインを頂きながら

ご主人お手製のぬか漬け御漬物前菜、山菜の天ぷら、お蕎麦、

食べ過ぎかっと思うほど頂戴いたしました。

お蕎麦、美味しかったです〜。

宿坊のおばあちゃま方のお蕎麦も美味しいですが、

塩をかけてつるつる。

食べすぎて帰りのバスが、きつかった、、、。


戸隠を訪れたらぜひ、戸隠蕎麦「葉隠れ」さん

オススメでございます。

私の「言霊旅の始め方」の神社お礼詣でも

出雲エリアを残すのみとなりました。

今年も11月の神在祭の時に訪れようかな。

今回は、大山の奥宮にも立ち寄ろう。

皆さまとの言霊旅は、紅葉まじかの京都鞍馬寺、南禅寺、秘密の院を予定しております。

えっ、神社ではないの?!

そうです。秋編は、寺院です。

聖なる癒しの叡智は いつもあなたのそばに。









奇跡のMediumhealer  玉依の言霊

ミディアムヒーリング それは、霊界通信による身体の浄化であり、魂の目覚め。 遣わされたものとして 今、あなたに必要な言霊をお伝えします。