プライベート言霊旅:「ますらをは 名をしたつべし」京都編

愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


募集型の言霊旅以外にプライベート言霊旅の方をよく開催しております。

著書「言霊旅の始め方」には、神社参拝に行けば良いということではなく、

どのような気持ちで向き合うかについて書いていますが、

補足で次作に書きますが、良いと言われる場所が、全ての方に合うことはございません。

「今の望み、目的、叶えたいことのための準備」のために訪れる良い場所はもちろん、

訪れる時期、日時、誰と行くか、それは、オーダーメイドのように

その人に限ることです。


「今の望み」で訪れる場所は、もとより

大事なことは、「叶えたいことのための準備」で訪れる場所を知っているか否か。


毎年の未来世の時やご相談の時に伺っておりましたら

そのようなリクエストにお応えして旅へお連れしております。


先日は、今年、参加率の高い2名様を次への準備のために

京都日帰り旅へお連れいたしました。


 「ますらをは 名をし立つべし」祈願参拝と名付けた京都旅は、

2名様のためですのでお車のチャーターもゆったりと。

プライベート言霊旅の時は、私のオフィスで京都MKタクシーさんを

利用することが多いのですが、この日は、予約した車よりも

料金は変わらずにグレードアップした車をご用意してくださっておりました。

しかも、後に知ることになりましたが、この日、担当の運転手さん、

運転取扱い車種が決まっているベテラントップクラスの運転手さんです。


後に知ることになりましたのは、9月にも京都旅がございまして

その時にこちらの運転手さんを指名いたしましたら

「指名するには、、」と知った次第です。

MKタクシーさんは、どのエリアでも運転手の方は、素晴らしくて

嫌な思いをしたことは一度もないのでどなたでも同じと思っておりました。


ところが、今回の運転手さんの気遣いは、別格です。

気遣いというのは、こういうことなのだと勉強になります。

それで初めて次回も指名したいと思ったわけでございます。

9月7日、17日もプライベート言霊旅:京都編予定ですが、

7日は、残念ながら、、先約ありでございました。

それでも、MKタクシーの運転手の方は、みなさま素晴らしいので

7日もご心配なくどうぞ。


 万葉集から頂戴して旅のタイトルを「ますらをは 名をし立つべし」と

つけた京都旅は、三社の神社を巡りました。



訪れたこの日も面白いように天と霊団の計らいがあり、

ご参加の方と神妙になったり、私のいつも以上の言動に困惑したり、

最後は、汗だくで大笑い。

私が、熱心に朱印スタンプを押しているのは、

この日に出張が重なって参加できなかったKさんのために。


こちらの神社のこの場所で3人で立った瞬間に

私の声がこの日最上級に変化し、Mさんは、異常なほどに大量の汗をかき、

Nさんとともになぜか、笑いが止まらず、福の神の笑い袋のように

笑いながらの朱印です。左の小窓からご覧になっていた神職さんも笑っていました。

おかげさまでたっぷりの福、呼び込みましたよ。


Kさん、ど〜ぞ。

この後、ふさわしい額縁をMさんがお手配してくださいまして、

それぞれのオフィスへ飾ります。

額縁が届くのが、楽しみです。


聖なる癒しの叡智は いつもあなたのそばに。


奇跡のMediumhealer  玉依の言霊

ミディアムヒーリング それは、霊界通信による身体の浄化であり、魂の目覚め。 遣わされたものとして 今、あなたに必要な言霊をお伝えします。