「日日是好日を体感する」プライベート言霊旅、開催します。

 愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


プライベート言霊旅が、続きます。

9月7日は、「日日是好日を体感する」京都編。

京都の寺院を訪れます。

「日日是好日」の意味をご存知の方も多いでしょう。

禅語でその言葉の通りに「毎日が、良い日であるということですが、

単純に毎日が良い日で良かったと思う。ではございません。


良い日であると思う時は、どんな時でしょうか。

旅に出た時に天気であれば、良い日、

出会いがあったから良い日、

商談がうまくいったから良い日、

などなど、自分の思うようになったら良い日であって

そうではなければ悪い日?

そんな損得や是非に捉われた考えではなく、

自分が良いと思わないことが起きてもそれをどう超えるか、

どう対応するか、起きてる物事に捉われず、

ありのままに過ごす、受け止めることです。

「よし、こうきたか、それではこう動こう」

「神社参拝で天気だったのに大前が降った。よし、この意味を知って楽しもう」


先日、三峯神社旅の際に雷様の神社、秩父神社で大雨に合いました。

今回の旅は、どうでしたか?と旅の終わりに聞いた時に

「雷様に出会って祝福でした。」と大雨を楽しめた方と

「天気が、、」とおっしゃった方がおりました。


無意識に捉われているのです。

頭でわかっていても胸の中の理解がスッキリしない、

腹の中でわかっていても頭で考えてしまう、

どちらも自由ではありません。


今回は、無心で座る40分間をご用意いたしました。

某寺院で写経を行います。


止まっている事業の案件があるのであれば、

それは、相手の決断が遅いではなく、

止めているのは何か、

自分の心の中にある七情が、周囲にどのような影響をもたらしているのか、

知るきっかけの時間になれば、幸いでございます。


                            写真提供:写真家 宮澤正明氏


聖なる癒しの叡智は いつもあなたのそばに。


奇跡のMediumhealer  玉依の言霊

ミディアムヒーリング それは、霊界通信による身体の浄化であり、魂の目覚め。 遣わされたものとして 今、あなたに必要な言霊をお伝えします。