炎の中観音様

愛しいみなさま

ごきげんよう。

玉依でございます。


先日の護摩祈祷 

あっ、仏様、、。

炎の中に観音様のお姿をみました。

有り難いことでございます。

仏様と口をついてしまいますが、

仏の姿は、全てが同じではありません。

如来、菩薩、明天、天部と階層があります。

百数種類を超える仏様(仏像)の姿を見分けるのには、それほど難しくありません。


如来とは、悟りを開いた釈迦如来であるように

悟りを開いた後のお姿なので座位である坐像であることが多く、簡素な身なりで白毫がございます。

他に阿弥陀如来、薬師如来、盧舎那如来、大日如来なども。


菩薩は、弥勒菩薩、観音菩薩、千手観音菩薩、地蔵菩薩のように

人々を救いながら修行している仏様でいつでも救いに行けるように立像が多く、

お釈迦様の王子時代の姿を表すので華美な装飾です。

これは、物欲を捨てきれない心の表れとも。


さて、明王。

実は、如来の化身でもあり、怒れる如来でございます。

説いているだけで理解しない人々、救済できない人々に

怒りの形相で導く仏様のこと。

不動明王、愛染明王は、その最たるものです。


如来、菩薩、明王は、分かっても天部とは何?と思う方も多いのでは?

天部は、いわゆる守護神であるので種類も豊富、男女の性別もあるし、

他宗教から転身した仏様もいるくらいです。

帝釈天、四天王、弁財天、大黒天などは、お分かりでしょう?

阿修羅もそうですし、仁王門のところの仁王様も天部です。


この日、目にしたお姿は、観音様。

救済に来てくれたのだと受け止めました。

聖なる癒しの叡智は いつもあなたのそばに。

奇跡のMediumhealer  玉依の言霊

ミディアムヒーリング それは、霊界通信による身体の浄化であり、魂の目覚め。 遣わされたものとして 今、あなたに必要な言霊をお伝えします。